スクウェア・エニックス アカウント
関連サービスのページを見る:
トップページ - ルール&ポリシー - スクウェア・エニックス Crysta利用規約
スクウェア・エニックス Crysta利用規約

 

はじめに

本規約は、アカウント所持者がCrystaを利用するための条件を定めるものです。Crystaの利用を希望する場合、本規約をお読みになり、本規約の全てに同意の上ご利用ください。本規約の全てに同意されない場合、Crystaをチャージ・利用することはできません。尚、アカウント所持者が未成年者の場合、都度親権者等法定代理人の同意を得なければ、Crystaをチャージすることはできません。

第1条 定義

  1. 「当社」とは、株式会社スクウェア・エニックスをいいます。
  2. 「当社グループ会社」とは、将来設立されるものも含めて、当社又は株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスによって所有又はコントロールされる全ての会社をいいます。
  3. 「アカウント所持者」とは、当社が別途定めるスクウェア・エニックス アカウント規約(以下「アカウント規約」といいます)に同意の上、当社が定める手続きに従いアカウントの登録をされた方をいいます。
  4. 「第三者」とは、当社及びアカウント所持者ご本人以外の法人又は個人(他のアカウント所持者を含みます)をいいます。
  5. 「アカウント」とは、「スクウェア・エニックス アカウント」のことをいいます。
  6. 「ID」とはアカウント毎に付与される識別コードをいいます。
  7. 「専用サイト」とは、当社又は当社の指定する第三者のサーバに開設するアカウント専用のWebサイトをいいます。
  8. 「アカウント情報」とは、アカウント登録申請の際、その他 Crystaやアカウントの対象となるサービスの利用において、当社が提示を要求する氏名、住所、メールアドレス、パスワード、その他個人情報を含む情報をいいます。
  9. 「有償サービス」とは、アカウントによって利用可能なサービスのうち、Crystaの消費によって利用可能なサービスをいいます。
  10. 「本コンテンツ等」とは、Crystaの消費により購入又は利用可能な、有償サービスにて提供される特定のコンテンツ、アイテム、商品、サービス、ライセンス等を総称していいます。
  11. 「Crysta」とは、支払う金額に応じてアカウントに電磁的に記録され、消費することで本コンテンツ等を購入又は利用できる、スクウェア・エニックス アカウント有償サービスにおいてのみ利用可能なポイントをいいます。
  12. 「Crystaシステム」とは、Crystaを電子的に記録し管理する、インターネット専用プリペイド型電子課金システムをいいます。
  13. 「チャージ」とは、Crystaをアカウントに保存することをいいます。
  14. 「3Dセキュア」とは、アカウント所持者が契約しているクレジットカード会社が、オンラインにおけるクレジットカード決済のセキュリティを高めるために提供し、または義務付けているサービスをいいます。
  15. 「Crystaコード購入」とは、コンビニエンスストア等に設置している端末等によりCrystaを購入することをいいます。領収書等に記載されているシリアル番号を専用サイトで入力すること等により、購入したCrystaをアカウントにチャージできます。
  16. 「登録解除」とは、アカウントの登録を解除し、アカウントを抹消することをいいます。

第2条 本規約の適用及び範囲

  1. 本規約は、アカウント所持者がCrystaを利用する一切の場合に適用されます。
  2. 当社が、本規約の他に別途定めるご利用上の注意等の一切についても、その名目の如何に関わらず、本規約の一部を構成するものとします。

第3条 規約の通知・変更

    当社は、必要に応じて本規約の内容を随時任意に変更することができるものとします。尚、本規約を変更した場合は、変更した規約を専用サイトその他当社ホームページ上に掲載した時点で変更の効力が発生するものとし、アカウント所持者は、その後Crystaの利用を継続することにより、当該変更を承諾したものとみなします。

第4条 Crystaの利用

  1. アカウント所持者は、当社の指定する方法に従い自己のアカウントにCrystaをチャージし、チャージしたCrystaを消費することにより、本コンテンツ等を購入・利用することができます。Crystaのチャージ・利用にあたっては、本規約のほか、アカウント規約、その他当社が指定する規約規定等(本コンテンツ等の購入・利用に関する規約等を含みます)を遵守するものとします。
  2. アカウント所持者は、当社が規定するチャージ額の中から希望のチャージ額を選択し、クレジットカード決済、電子マネー決済等、当社がその時点で任意に提供する決済方法(オンライン決済、Crystaコードサービス等を含みますが、必ずしもこれらに限定されるものでは無く、また、必ずこれらの決済方法を選択できる保証もありません)により、Crystaを購入・チャージすることができます。Crysta の購入単位、支払時期、決済方法等に関する諸条件は、その時点で当社が任意に定めるところによるものとし、アカウント所持者はこれに従うものとします。かかる条件には、当社の指定するところにより、他社の定める規約等が適用される場合があります。アカウント所持者は、クレジットカード会社を含む決済会社との間に問題や紛争が生じた場合、自己の責任においてこれを解決するものとし、当社に一切迷惑をかけないものとします。当社は、当社に責のある場合を除き、アカウント所持者と決済会社との間に生じた問題や紛争等に関し、一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。
  3. 1 Crystaあたり1円で購入できます。
  4. アカウントにチャージできるCrystaの上限は、30,000 Crystaとします。当社はその他、1日のチャージの上限、月々のチャージの上限等に制限を設けることができ、アカウント所持者は、当社規定の限度額内でCrystaを購入・チャージすることができます。
  5. アカウント所持者は、本コンテンツ等の購入・利用に必要なCrystaのポイント数(以下「Crysta数」といいます)を指定して消費することにより当該本コンテンツ等を購入又は利用することができます。アカウント所持者が指定したCrysta数がアカウントの残高Crysta数(以下「残高」といいます)の範囲内であることが認証されると、アカウントの残高から消費Crysta数が差し引かれ、残高が更新されます。アカウント所持者は、特に法令に定めのある場合又は当社が別途定める場合を除き、一度消費したCrystaを復元又は再使用することはできず、また、本コンテンツ等を返品することもできません。
  6. Crystaは、アカウントごとに固有のものとして取り扱われ、アカウント所持者はチャージしたCrystaを第三者(異なるアカウントで登録しているアカウント所持者自身も含む)に譲渡、貸与、売買、名義変更等することはできません。従って、例えば、アカウント所持者が同一人物であっても異なるアカウントにチャージされたCrystaを合算して使用することもできません。
  7. Crystaは当社有償サービスでのみ利用可能であり、当社有償サービス以外では無価値となります。アカウント所持者はCrystaを換金又は当社が明示的に規定する以外の方法で他の金品、権利等(他の電子通貨等を含む)と交換してはならず、その他、本規約及び当社が規定する以外の方法で使用することはできません。
  8. チャージしたCrystaの有効期限は、アカウント所持者がCrystaをチャージした日から3年が経過した後に最初に到来する年度末日(3月31日)までとし、その期日経過後は、当該Crystaは失効します。アカウント所持者は、一度失効したCrystaを復元又は使用若しくは再使用することはできません。
  9. Crystaを使用できる有償サービス及びCrystaにより購入・利用できる本コンテンツ等の内容は、当社がその時点で提供可能なものとします。当社は、当社が別途定める場合又は法令に別段の定めのある場合を除き、提供する情報や有償サービス、本コンテンツ等の内容、完成性、正確性、適用性、有用性等についていかなる保証責任も負わないものとします。
  10. 当社は、理由の如何を問わず、Crystaのチャージ方法、決済方法、チャージ限度額、有効期限、本コンテンツ等の購入に必要なCrysta数、その他Crystaに関する取扱い等につき、随時任意に変更することができるものとし、その場合、専用サイト又は有償サービスにかかるサイト等の情報を更新した時点で、変更の効力が発生するものとします。かかる変更には、特定の決済方法の導入、内容の変更、中断、中止等が含まれるものとし、当社は本項に定める変更等によりアカウント所持者に生じた不利益や損害等について、法令に別段の定めのある場合を除き、一切責任を負わないものとします。
  11. 当社は、法令に別段の定めがある場合を除いて、アカウント所持者がアカウントに一旦チャージしたCrystaの返金、換金は一切行わないものとします。
  12. Crystaの利用に関連してアカウント所持者が当社又は第三者(他のアカウント所持者を含み、以下も同様とします)に対して損害を与えた場合又は第三者との間で紛争が生じた場合、当該アカウント所持者はその損害を賠償するものとし、当社はいかなる責任も負わないものとします。
  13. 当社は当社の裁量により、アカウント所持者のアカウント情報の内容の正確性の確認や本人確認のため、アカウント所持者に身分証明書の写し等書類の提示を求める場合があり、その場合には、アカウント所持者はこれに応じるものとします。
  14. アカウント所持者が未成年者の場合、Crystaのチャージを行う毎に、当該Crystaチャージに関する同意および当該Crystaを消費することに関し、親権者等法定代理人の同意を得るものとします。尚、Crystaをチャージした場合は、当該Crystaのチャージおよび消費に関し、親権者等法定代理人の同意があったものとみなします。
  15. アカウント所持者がCrysta購入料金等を滞納した場合、当社、決済会社又は当社が指定する第三者は、適当と判断する方法、時期にて、当該料金等を請求するものとします。当社は、また、アカウント所持者がCrysta購入料金等を滞納した場合、滞納した日の翌日から滞納した利用料金を完済した日まで、滞納利用料金等に加えて所定の遅延損害金をお客様に対して請求することができるものとします。
  16. Crystaの残高、購入履歴、利用履歴等の明細については、一定の範囲内で、当社の提供する履歴画面においていつでも確認することができます。当社は、当社が別途規定している場合を除き、履歴画面の更新を行う以外、Crysta購入料金等に係る請求書、引き落とし額を明記した通知等の発行は行わないものとします。

第5条 クレジットカード決済

  1. Crysta購入代金の支払にクレジットカード決済を利用される場合、アカウント所持者本人名義の日本で発行されたクレジットカードであり、かつ、決済時に有効なもののみ利用できます。また、決済に際し、アカウント所持者は、別途クレジットカード会社との約定に従うものとします。
  2. クレジットカード決済ご利用の場合、アカウント所持者が契約しているクレジットカード会社の規定により、3Dセキュアの登録・利用が必要になる場合があります。アカウント所持者は、3Dセキュアの登録・利用については、当社及び各クレジットカード会社の規定に従うものとします。
  3. 支払方法(一括払い、分割払い、リボ払い等)については、当社の規定するところ及び当該クレジットカード会社とアカウント所持者との間の約定によるものとします。
  4. 当社は、クレジットカードでの決済にあたり、所定の方法によりアカウント所持者のクレジットカードについて、クレジットカード会社に承認を求めるものとし、承認が得られない場合は、当該クレジットカードでの購入ができない場合があります。
  5. クレジットカード会社より当社に対し、アカウント所持者が指定したクレジットカードの利用につき拒絶又は停止の通知が届いた場合、当社はその理由の如何を問わず、拒絶又は停止の対象となった取引および未決済の分の取引を中止し、アカウントの利用を停止できるものとします。この場合、当該拒絶又は停止の理由等を確認の結果、本規約違反、アカウント規約違反等の問題がないと当社が判断した場合、当該アカウントの利用が再開されるものとします(アカウントの利用を再開したい場合、アカウント所持者は当社サポートセンターまでご連絡ください。)。
  6. クレジットカード決済をご利用の場合、法令に別段の定めのある場合を除き、決済手続き終了後の当社からの返金又はこれと同等の措置は一切行われないものとします。

第6条 電子マネー決済

  1. Crysta購入代金の支払に電子マネー決済を利用される場合、アカウント所持者は、支払に際し、別途電子マネー決済会社との約定に従うものとします。
  2. 電子マネー決済を利用される場合、法令に別段の定めのある場合を除き、決済手続き完了後の当社からの返金又はこれと同等の措置は一切行わないものとします。

第7条 Crystaコード購入による決済

    Crystaコード購入による決済を利用される場合、法令に別段の定めのある場合を除き、Crystaコード購入後の当社からの返金又はこれと同等の措置は一切行わないものとします。

第8条 Crystaに係る権利の帰属

  1. 当社は、アカウント所持者が購入したCrystaに関し、永続的な使用権あるいは物理的な所有権を与えるものではなく、本規約の条件のもとに管理し、利用する許諾を与えるものとします。
  2. Crystaに関して本サイト、専用サイトほか当社サイト、メールニュース等にて提供する、画像、文章、その他著作物、肖像、標章、情報、データ及び表現に係わる著作権、商標権、工業所有権、その他一切の知的財産権及びノウハウ(以下「当社コンテンツ」といいます)は、当社又は正当な権利を有する権利者に帰属するものとし、アカウント所持者は当社コンテンツを本規約に定める以外の用途に使用すること、及び有償・無償を問わず第三者に利用させることはできません。
  3. 当社がアカウント所持者より新しい商品、技術、デザイン、宣伝広告等に関して提案(以下「提案」といいます)を受けた場合、当社は提案を秘密にする義務を負わず、また、かかる提案を検討・評価、採用する義務を負わないものとします。また、提案に関する知的財産権等(著作権法第27条及び28条に定める権利を含む)の扱いに関しては、提案を当社コンテンツとみなし、前項の規定を適用します。アカウント所持者は、提案に関して、当社又は当社が指定する第三者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。

第9条 Crystaの利用終了

  1. Crystaは、アカウントに付帯するサービスであり、Crystaのみの解約を行うことはできません。理由の如何を問わず、アカウントが登録解除されると同時に、当該アカウントに保存された全Crystaも失効します。アカウント所持者は、登録解除するにあたり、Crystaの失効が伴うことを認識するものとし、また、この取り扱いにあらかじめ同意します。
  2. 当社は、規約等に定める場合のほか、アカウント所持者が以下のいずれかの事由に該当する場合、又はそのおそれがあると当社が判断した場合、事前の通知・催告なく、アカウント所持者を退会させることができるものとします。当社は、上記判断について何人に対しても一切の責任を負いません。

    (1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

    (2)  ID又はアカウント情報が不正確であると判明した場合(メールアドレスが機能していないと判断される場合を含む)、又は本人確認ができなかった場合

    (3)  第10条の行為を行った場合

    (4)  ID及びアカウント情報を不正に利用した場合

    (5)  その他当社がアカウント所持者として不適当であると判断した場合

  3. 当社はアカウント所持者に対して、前項の退会の理由を開示する義務を負わないものとします。アカウント所持者が前項のいずれかに該当することにより、当社が何らかの損害を被った場合、当該アカウント所持者は当社に対して、当該損害の一切を賠償するものとします。
  4. 当社は、本条の規定に基づき、当該アカウント所持者のCrystaの利用が終了した場合であっても、法令に別段の定めがある場合を除いて、チャージ済みの残高の返金・換金は一切行わないものとします。

第10条 禁止事項

  1. アカウント所持者は、Crystaの利用にあたって、以下の各号の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。

    (1)  他人のID又はアカウント情報を使用する行為又は他人になりすます行為

    (2)  不正に入手又は生成したID又はアカウント情報を使用する行為

    (3)  虚偽の情報を登録する行為

    (4)  利用履歴、残高等を改ざんする行為

    (5)  ジャンクメール、スパムメール、チェーンメール等迷惑メールを送信する行為、及びコンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器等の機能を妨害、破壊、制限、操作するコンピュータウイルス、ファイル、プログラム等を送信又は書き込み等する行為

    (6)  わいせつ・残虐・差別その他第三者に不快感を与える表現を送信又は書き込み等する行為

    (7)  当社、他のアカウント所持者又はその他の第三者の所有権、知的財産権、名誉、信用、プライバシー等の権利を侵害する行為

    (8)  当社、他のアカウント所持者又はその他の第三者に不利益、損害を与える行為

    (9)  公序良俗に反する行為

    (10)  法律、法令等に違反する行為

    (11)  当社の承認なく、Crystaに関連して営利を目的とする行為

    (12)  特定の商品又はサービスの販売、売り込み行為等の営業行為

    (13)  選挙活動、特定の政党に勧誘する行為等の政治活動

    (14)  特定の宗教の布教、勧誘等の宗教活動

    (15)  当社のシステムに障害を発生させる等、Crystaの運営を妨害する行為

    (16)  Crystaの信用を失墜、毀損させる行為

    (17)  その他当社が不適切であると判断する行為

  2. 前項の場合において、当社が何らかの損害を被った場合、当該アカウント所持者は当社に対して当該損害の一切を賠償するものとします。

第11条 アカウント所持者の個人情報の取扱い

  1. 当社は、アカウント所持者から提供を受けた個人情報(以下「個人情報」といいます)を、下記の目的にのみ使用するものとし、アカウント所持者はこれに同意するものとします。尚、統計資料等、個人を特定できない形式に加工された情報は個人情報に含みません。

    (1)  Crystaサービスおよびアカウントサービスの実施

    (2)  問い合わせ対応などのサービス

    (3)  アンケート調査の実施、ならびにアンケートに基づく商品及び販売企画上の統計資料の作成

    (4)  希望者へのメールニュース及びキャンペーン案内の配信

    (5)  商品等の発送

    (6)  上記以外に、法令等に別段の定めのある場合又は当社がアカウント所持者から個別に同意を得た場合

  2. 当社は、アカウント所持者の個人情報を、以下のいずれかに該当する場合を除いて、第三者に開示、提供しないものとします。

    (1)  前項各号の目的のために、当社グループ間で個人情報を共有する場合

    (2)  企業等が従うべき法的義務遂行のために必要な場合

    (3)  裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センター又はこれらに準じた機関その他の団体・個人から、法令、諸規定に基づき提供・開示を求められた場合

    (4)  当社、公衆若しくは他のアカウント所持者の生命身体財産又は名誉信用の保護のために必要と認められる等の相当の事由がある場合

    (5)  アカウント所持者にお知らせした使用目的のために、業務委託先、事業協力会社又は提携先企業に対する開示が必要な場合

    (6)  Crystaの購入等において、クレジットカード等による代金決済を行う場合に、クレジットカード等の有効性を確認するため、当社及びクレジットカード会社等決済会社(その業務委託先等を含む。以下同じ)間で個人情報の交換を行う場合、また、クレジットカード会社等決済会社又は金融機関から、個人情報の開示要請があり、かつ開示が必要であると当社が判断した場合

    (7)  上記以外に、法令等に別段の定めのある場合又は当社がアカウント所持者から個別に同意を得た場合

  3. 当社は、個人情報について不正アクセス・改ざん・破壊・紛失・漏えい等が生じないよう合理的な管理体制のもとで保管し、安全性の確保に努めるものとします。また、個人情報は当社が必要と判断する期間、保管するものとします。
  4. アカウント所持者は、当社が別途定める手続きに従い、自己の個人情報の開示、訂正及び利用停止を請求することができ、当社は、速やかに対応するものとします。

第12条 Crystaシステムの停止・中止

  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、アカウント所持者に事前に通知することなく、いつでもCrystaシステムの全部又は一部の提供を停止することができるものとします。

    (1)  Crystaシステムの提供にかかる設備等の保守を定期的又は緊急に行う場合

    (2)  システムや通信回線等の障害、火災、停電その他の不慮の事故、又は天災地変等の不可抗力によりCrystaシステムの提供ができなくなった場合

    (3)  運営上又は技術上、当社がCrystaシステムの停止が必要と判断した場合

    (4)  法律、法令等に基づく措置によりCrystaシステムが提供できない場合

    (5)  その他、当社が止むを得ないと判断した場合

  2. 前項の規定に関わらず、当社は、アカウント所持者に事前に通知した上で、Crystaシステムの全部又は一部の提供を中止することができるものとします。
  3. 当社は、本条に基づくCrystaシステムの全部又は一部の提供の停止又は中止に起因してアカウント所持者に損害が発生したとしても、法令に別段の定めがある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

第13条 免責事項

  1. 当社は、アカウント所持者に対して、アカウント所持者がCrystaシステムの全部又は一部を利用したことに関連して、以下のいずれも保証せず、かつ、以下のいずれかの事由の発生により当該アカウント所持者又は当該アカウント所持者以外の第三者に発生した紛争及び損害について、一切の責任を負わないものとします。

    (1)  Crystaシステムがウイルスその他の有害な要素を含まないこと

    (2)  Crystaシステム、専用サイト、有償サイト等が第三者による不正攻撃を受けないこと

    (3)  Crystaシステムの提供が中断しないこと

    (4)  Crystaシステム、専用サイト、有償サイト等の提供が将来にわたって継続すること

    (5)  Crystaシステムの利用不能・接続不能が生じないこと。

    (6)  Crystaシステムにおけるアカウント所持者のデータが消去・変更されないこと

    (7)  Crystaシステム提供のためのインフラ、システム、ソフトウェア若しくはハードウェア等に、故障、不具合、誤作動又は通信回線の障害を含む瑕疵がないこと

  2. 当社は、前項各号に定める他、Crystaシステムの提供の遅延、中断、停止等によって発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社の個人情報に関する義務は、当社が本規約に従って、アカウント所持者の個人情報を善管注意義務をもって取り扱うことに限られます。
  4. 本条及び本規約の他の定めにもかかわらず、何らかの事由により、当社がアカウント所持者に対して過失によって責任を負うとされる場合にあっても、当社はアカウント所持者に対し、 ①100円、②損害の生じた有償サービスにおいてアカウント所持者が当該損害の生じた日の属する月に消費したCrysta数相当額又は③損害の生じた有償サービスにおいてアカウント所持者が当該損害の生じた日の属する月に購入したCrysta数相当額のいずれか高い額を超えては責任を負いません。但し、当社の故意又は重過失による場合はこの限りではありません。

第14条 準拠法、合意管轄

    本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

本規約は2009年4月7日より実施するものとします。

本規約は2009年12月14日に改定されました。


附則

●本コンテンツ等の扱いについて

別途「資金決済法に基づく表示」と題するページに前払式支払手段として表示するコンテンツ(Crysta)は、「資金決済に関する法律」に基づき前払式支払手段として取扱われます。
当該前払式支払手段から購入されたその他のコンテンツ(本コンテンツ等)は、取得をもってこれにかかる商品・サービスの提供がなされたものとし、前払式支払手段には該当しません。

2018年3月27日


スクウェア・エニックス Crysta利用規約

 

はじめに

本規約は、アカウント所持者がCrystaを利用するための条件を定めるものです。Crystaの利用を希望する場合、本規約をお読みになり、本規約の全てに同意の上ご利用ください。本規約の全てに同意されない場合、Crystaをチャージ・利用することはできません。尚、アカウント所持者が未成年者の場合、都度親権者等法定代理人の同意を得なければ、Crystaをチャージすることはできません。

第1条 定義

  1. 「当社」とは、株式会社スクウェア・エニックスをいいます。
  2. 「当社グループ会社」とは、将来設立されるものも含めて、当社又は株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスによって所有又はコントロールされる全ての会社をいいます。
  3. 「アカウント所持者」とは、当社が別途定めるスクウェア・エニックス アカウント規約(以下「アカウント規約」といいます)に同意の上、当社が定める手続きに従いアカウントの登録をされた方をいいます。
  4. 「第三者」とは、当社及びアカウント所持者ご本人以外の法人又は個人(他のアカウント所持者を含みます)をいいます。
  5. 「アカウント」とは、「スクウェア・エニックス アカウント」のことをいいます。
  6. 「ID」とはアカウント毎に付与される識別コードをいいます。
  7. 「専用サイト」とは、当社又は当社の指定する第三者のサーバに開設するアカウント専用のWebサイトをいいます。
  8. 「アカウント情報」とは、アカウント登録申請の際、その他 Crystaやアカウントの対象となるサービスの利用において、当社が提示を要求する氏名、住所、メールアドレス、パスワード、その他個人情報を含む情報をいいます。
  9. 「有償サービス」とは、アカウントによって利用可能なサービスのうち、Crystaの消費によって利用可能なサービスをいいます。
  10. 「本コンテンツ等」とは、Crystaの消費により購入又は利用可能な、有償サービスにて提供される特定のコンテンツ、アイテム、商品、サービス、ライセンス等を総称していいます。
  11. 「Crysta」とは、支払う金額に応じてアカウントに電磁的に記録され、消費することで本コンテンツ等を購入又は利用できる、スクウェア・エニックス アカウント有償サービスにおいてのみ利用可能なポイントをいいます。
  12. 「Crystaシステム」とは、Crystaを電子的に記録し管理する、インターネット専用プリペイド型電子課金システムをいいます。
  13. 「チャージ」とは、Crystaをアカウントに保存することをいいます。
  14. 「3Dセキュア」とは、アカウント所持者が契約しているクレジットカード会社が、オンラインにおけるクレジットカード決済のセキュリティを高めるために提供し、または義務付けているサービスをいいます。
  15. 「Crystaコード購入」とは、コンビニエンスストア等に設置している端末等によりCrystaを購入することをいいます。領収書等に記載されているシリアル番号を専用サイトで入力すること等により、購入したCrystaをアカウントにチャージできます。
  16. 「登録解除」とは、アカウントの登録を解除し、アカウントを抹消することをいいます。

第2条 本規約の適用及び範囲

  1. 本規約は、アカウント所持者がCrystaを利用する一切の場合に適用されます。
  2. 当社が、本規約の他に別途定めるご利用上の注意等の一切についても、その名目の如何に関わらず、本規約の一部を構成するものとします。

第3条 規約の通知・変更

    当社は、必要に応じて本規約の内容を随時任意に変更することができるものとします。尚、本規約を変更した場合は、変更した規約を専用サイトその他当社ホームページ上に掲載した時点で変更の効力が発生するものとし、アカウント所持者は、その後Crystaの利用を継続することにより、当該変更を承諾したものとみなします。

第4条 Crystaの利用

  1. アカウント所持者は、当社の指定する方法に従い自己のアカウントにCrystaをチャージし、チャージしたCrystaを消費することにより、本コンテンツ等を購入・利用することができます。Crystaのチャージ・利用にあたっては、本規約のほか、アカウント規約、その他当社が指定する規約規定等(本コンテンツ等の購入・利用に関する規約等を含みます)を遵守するものとします。
  2. アカウント所持者は、当社が規定するチャージ額の中から希望のチャージ額を選択し、クレジットカード決済、電子マネー決済等、当社がその時点で任意に提供する決済方法(オンライン決済、Crystaコードサービス等を含みますが、必ずしもこれらに限定されるものでは無く、また、必ずこれらの決済方法を選択できる保証もありません)により、Crystaを購入・チャージすることができます。Crysta の購入単位、支払時期、決済方法等に関する諸条件は、その時点で当社が任意に定めるところによるものとし、アカウント所持者はこれに従うものとします。かかる条件には、当社の指定するところにより、他社の定める規約等が適用される場合があります。アカウント所持者は、クレジットカード会社を含む決済会社との間に問題や紛争が生じた場合、自己の責任においてこれを解決するものとし、当社に一切迷惑をかけないものとします。当社は、当社に責のある場合を除き、アカウント所持者と決済会社との間に生じた問題や紛争等に関し、一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。
  3. 1 Crystaあたり1円で購入できます。
  4. アカウントにチャージできるCrystaの上限は、30,000 Crystaとします。当社はその他、1日のチャージの上限、月々のチャージの上限等に制限を設けることができ、アカウント所持者は、当社規定の限度額内でCrystaを購入・チャージすることができます。
  5. アカウント所持者は、本コンテンツ等の購入・利用に必要なCrystaのポイント数(以下「Crysta数」といいます)を指定して消費することにより当該本コンテンツ等を購入又は利用することができます。アカウント所持者が指定したCrysta数がアカウントの残高Crysta数(以下「残高」といいます)の範囲内であることが認証されると、アカウントの残高から消費Crysta数が差し引かれ、残高が更新されます。アカウント所持者は、特に法令に定めのある場合又は当社が別途定める場合を除き、一度消費したCrystaを復元又は再使用することはできず、また、本コンテンツ等を返品することもできません。
  6. Crystaは、アカウントごとに固有のものとして取り扱われ、アカウント所持者はチャージしたCrystaを第三者(異なるアカウントで登録しているアカウント所持者自身も含む)に譲渡、貸与、売買、名義変更等することはできません。従って、例えば、アカウント所持者が同一人物であっても異なるアカウントにチャージされたCrystaを合算して使用することもできません。
  7. Crystaは当社有償サービスでのみ利用可能であり、当社有償サービス以外では無価値となります。アカウント所持者はCrystaを換金又は当社が明示的に規定する以外の方法で他の金品、権利等(他の電子通貨等を含む)と交換してはならず、その他、本規約及び当社が規定する以外の方法で使用することはできません。
  8. チャージしたCrystaの有効期限は、アカウント所持者がCrystaをチャージした日から3年が経過した後に最初に到来する年度末日(3月31日)までとし、その期日経過後は、当該Crystaは失効します。アカウント所持者は、一度失効したCrystaを復元又は使用若しくは再使用することはできません。
  9. Crystaを使用できる有償サービス及びCrystaにより購入・利用できる本コンテンツ等の内容は、当社がその時点で提供可能なものとします。当社は、当社が別途定める場合又は法令に別段の定めのある場合を除き、提供する情報や有償サービス、本コンテンツ等の内容、完成性、正確性、適用性、有用性等についていかなる保証責任も負わないものとします。
  10. 当社は、理由の如何を問わず、Crystaのチャージ方法、決済方法、チャージ限度額、有効期限、本コンテンツ等の購入に必要なCrysta数、その他Crystaに関する取扱い等につき、随時任意に変更することができるものとし、その場合、専用サイト又は有償サービスにかかるサイト等の情報を更新した時点で、変更の効力が発生するものとします。かかる変更には、特定の決済方法の導入、内容の変更、中断、中止等が含まれるものとし、当社は本項に定める変更等によりアカウント所持者に生じた不利益や損害等について、法令に別段の定めのある場合を除き、一切責任を負わないものとします。
  11. 当社は、法令に別段の定めがある場合を除いて、アカウント所持者がアカウントに一旦チャージしたCrystaの返金、換金は一切行わないものとします。
  12. Crystaの利用に関連してアカウント所持者が当社又は第三者(他のアカウント所持者を含み、以下も同様とします)に対して損害を与えた場合又は第三者との間で紛争が生じた場合、当該アカウント所持者はその損害を賠償するものとし、当社はいかなる責任も負わないものとします。
  13. 当社は当社の裁量により、アカウント所持者のアカウント情報の内容の正確性の確認や本人確認のため、アカウント所持者に身分証明書の写し等書類の提示を求める場合があり、その場合には、アカウント所持者はこれに応じるものとします。
  14. アカウント所持者が未成年者の場合、Crystaのチャージを行う毎に、当該Crystaチャージに関する同意および当該Crystaを消費することに関し、親権者等法定代理人の同意を得るものとします。尚、Crystaをチャージした場合は、当該Crystaのチャージおよび消費に関し、親権者等法定代理人の同意があったものとみなします。
  15. アカウント所持者がCrysta購入料金等を滞納した場合、当社、決済会社又は当社が指定する第三者は、適当と判断する方法、時期にて、当該料金等を請求するものとします。当社は、また、アカウント所持者がCrysta購入料金等を滞納した場合、滞納した日の翌日から滞納した利用料金を完済した日まで、滞納利用料金等に加えて所定の遅延損害金をお客様に対して請求することができるものとします。
  16. Crystaの残高、購入履歴、利用履歴等の明細については、一定の範囲内で、当社の提供する履歴画面においていつでも確認することができます。当社は、当社が別途規定している場合を除き、履歴画面の更新を行う以外、Crysta購入料金等に係る請求書、引き落とし額を明記した通知等の発行は行わないものとします。

第5条 クレジットカード決済

  1. Crysta購入代金の支払にクレジットカード決済を利用される場合、アカウント所持者本人名義の日本で発行されたクレジットカードであり、かつ、決済時に有効なもののみ利用できます。また、決済に際し、アカウント所持者は、別途クレジットカード会社との約定に従うものとします。
  2. クレジットカード決済ご利用の場合、アカウント所持者が契約しているクレジットカード会社の規定により、3Dセキュアの登録・利用が必要になる場合があります。アカウント所持者は、3Dセキュアの登録・利用については、当社及び各クレジットカード会社の規定に従うものとします。
  3. 支払方法(一括払い、分割払い、リボ払い等)については、当社の規定するところ及び当該クレジットカード会社とアカウント所持者との間の約定によるものとします。
  4. 当社は、クレジットカードでの決済にあたり、所定の方法によりアカウント所持者のクレジットカードについて、クレジットカード会社に承認を求めるものとし、承認が得られない場合は、当該クレジットカードでの購入ができない場合があります。
  5. クレジットカード会社より当社に対し、アカウント所持者が指定したクレジットカードの利用につき拒絶又は停止の通知が届いた場合、当社はその理由の如何を問わず、拒絶又は停止の対象となった取引および未決済の分の取引を中止し、アカウントの利用を停止できるものとします。この場合、当該拒絶又は停止の理由等を確認の結果、本規約違反、アカウント規約違反等の問題がないと当社が判断した場合、当該アカウントの利用が再開されるものとします(アカウントの利用を再開したい場合、アカウント所持者は当社サポートセンターまでご連絡ください。)。
  6. クレジットカード決済をご利用の場合、法令に別段の定めのある場合を除き、決済手続き終了後の当社からの返金又はこれと同等の措置は一切行われないものとします。

第6条 電子マネー決済

  1. Crysta購入代金の支払に電子マネー決済を利用される場合、アカウント所持者は、支払に際し、別途電子マネー決済会社との約定に従うものとします。
  2. 電子マネー決済を利用される場合、法令に別段の定めのある場合を除き、決済手続き完了後の当社からの返金又はこれと同等の措置は一切行わないものとします。

第7条 Crystaコード購入による決済

    Crystaコード購入による決済を利用される場合、法令に別段の定めのある場合を除き、Crystaコード購入後の当社からの返金又はこれと同等の措置は一切行わないものとします。

第8条 Crystaに係る権利の帰属

  1. 当社は、アカウント所持者が購入したCrystaに関し、永続的な使用権あるいは物理的な所有権を与えるものではなく、本規約の条件のもとに管理し、利用する許諾を与えるものとします。
  2. Crystaに関して本サイト、専用サイトほか当社サイト、メールニュース等にて提供する、画像、文章、その他著作物、肖像、標章、情報、データ及び表現に係わる著作権、商標権、工業所有権、その他一切の知的財産権及びノウハウ(以下「当社コンテンツ」といいます)は、当社又は正当な権利を有する権利者に帰属するものとし、アカウント所持者は当社コンテンツを本規約に定める以外の用途に使用すること、及び有償・無償を問わず第三者に利用させることはできません。
  3. 当社がアカウント所持者より新しい商品、技術、デザイン、宣伝広告等に関して提案(以下「提案」といいます)を受けた場合、当社は提案を秘密にする義務を負わず、また、かかる提案を検討・評価、採用する義務を負わないものとします。また、提案に関する知的財産権等(著作権法第27条及び28条に定める権利を含む)の扱いに関しては、提案を当社コンテンツとみなし、前項の規定を適用します。アカウント所持者は、提案に関して、当社又は当社が指定する第三者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。

第9条 Crystaの利用終了

  1. Crystaは、アカウントに付帯するサービスであり、Crystaのみの解約を行うことはできません。理由の如何を問わず、アカウントが登録解除されると同時に、当該アカウントに保存された全Crystaも失効します。アカウント所持者は、登録解除するにあたり、Crystaの失効が伴うことを認識するものとし、また、この取り扱いにあらかじめ同意します。
  2. 当社は、規約等に定める場合のほか、アカウント所持者が以下のいずれかの事由に該当する場合、又はそのおそれがあると当社が判断した場合、事前の通知・催告なく、アカウント所持者を退会させることができるものとします。当社は、上記判断について何人に対しても一切の責任を負いません。

    (1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

    (2)  ID又はアカウント情報が不正確であると判明した場合(メールアドレスが機能していないと判断される場合を含む)、又は本人確認ができなかった場合

    (3)  第10条の行為を行った場合

    (4)  ID及びアカウント情報を不正に利用した場合

    (5)  その他当社がアカウント所持者として不適当であると判断した場合

  3. 当社はアカウント所持者に対して、前項の退会の理由を開示する義務を負わないものとします。アカウント所持者が前項のいずれかに該当することにより、当社が何らかの損害を被った場合、当該アカウント所持者は当社に対して、当該損害の一切を賠償するものとします。
  4. 当社は、本条の規定に基づき、当該アカウント所持者のCrystaの利用が終了した場合であっても、法令に別段の定めがある場合を除いて、チャージ済みの残高の返金・換金は一切行わないものとします。

第10条 禁止事項

  1. アカウント所持者は、Crystaの利用にあたって、以下の各号の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。

    (1)  他人のID又はアカウント情報を使用する行為又は他人になりすます行為

    (2)  不正に入手又は生成したID又はアカウント情報を使用する行為

    (3)  虚偽の情報を登録する行為

    (4)  利用履歴、残高等を改ざんする行為

    (5)  ジャンクメール、スパムメール、チェーンメール等迷惑メールを送信する行為、及びコンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器等の機能を妨害、破壊、制限、操作するコンピュータウイルス、ファイル、プログラム等を送信又は書き込み等する行為

    (6)  わいせつ・残虐・差別その他第三者に不快感を与える表現を送信又は書き込み等する行為

    (7)  当社、他のアカウント所持者又はその他の第三者の所有権、知的財産権、名誉、信用、プライバシー等の権利を侵害する行為

    (8)  当社、他のアカウント所持者又はその他の第三者に不利益、損害を与える行為

    (9)  公序良俗に反する行為

    (10)  法律、法令等に違反する行為

    (11)  当社の承認なく、Crystaに関連して営利を目的とする行為

    (12)  特定の商品又はサービスの販売、売り込み行為等の営業行為

    (13)  選挙活動、特定の政党に勧誘する行為等の政治活動

    (14)  特定の宗教の布教、勧誘等の宗教活動

    (15)  当社のシステムに障害を発生させる等、Crystaの運営を妨害する行為

    (16)  Crystaの信用を失墜、毀損させる行為

    (17)  その他当社が不適切であると判断する行為

  2. 前項の場合において、当社が何らかの損害を被った場合、当該アカウント所持者は当社に対して当該損害の一切を賠償するものとします。

第11条 アカウント所持者の個人情報の取扱い

  1. 当社は、アカウント所持者から提供を受けた個人情報(以下「個人情報」といいます)を、下記の目的にのみ使用するものとし、アカウント所持者はこれに同意するものとします。尚、統計資料等、個人を特定できない形式に加工された情報は個人情報に含みません。

    (1)  Crystaサービスおよびアカウントサービスの実施

    (2)  問い合わせ対応などのサービス

    (3)  アンケート調査の実施、ならびにアンケートに基づく商品及び販売企画上の統計資料の作成

    (4)  希望者へのメールニュース及びキャンペーン案内の配信

    (5)  商品等の発送

    (6)  上記以外に、法令等に別段の定めのある場合又は当社がアカウント所持者から個別に同意を得た場合

  2. 当社は、アカウント所持者の個人情報を、以下のいずれかに該当する場合を除いて、第三者に開示、提供しないものとします。

    (1)  前項各号の目的のために、当社グループ間で個人情報を共有する場合

    (2)  企業等が従うべき法的義務遂行のために必要な場合

    (3)  裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センター又はこれらに準じた機関その他の団体・個人から、法令、諸規定に基づき提供・開示を求められた場合

    (4)  当社、公衆若しくは他のアカウント所持者の生命身体財産又は名誉信用の保護のために必要と認められる等の相当の事由がある場合

    (5)  アカウント所持者にお知らせした使用目的のために、業務委託先、事業協力会社又は提携先企業に対する開示が必要な場合

    (6)  Crystaの購入等において、クレジットカード等による代金決済を行う場合に、クレジットカード等の有効性を確認するため、当社及びクレジットカード会社等決済会社(その業務委託先等を含む。以下同じ)間で個人情報の交換を行う場合、また、クレジットカード会社等決済会社又は金融機関から、個人情報の開示要請があり、かつ開示が必要であると当社が判断した場合

    (7)  上記以外に、法令等に別段の定めのある場合又は当社がアカウント所持者から個別に同意を得た場合

  3. 当社は、個人情報について不正アクセス・改ざん・破壊・紛失・漏えい等が生じないよう合理的な管理体制のもとで保管し、安全性の確保に努めるものとします。また、個人情報は当社が必要と判断する期間、保管するものとします。
  4. アカウント所持者は、当社が別途定める手続きに従い、自己の個人情報の開示、訂正及び利用停止を請求することができ、当社は、速やかに対応するものとします。

第12条 Crystaシステムの停止・中止

  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、アカウント所持者に事前に通知することなく、いつでもCrystaシステムの全部又は一部の提供を停止することができるものとします。

    (1)  Crystaシステムの提供にかかる設備等の保守を定期的又は緊急に行う場合

    (2)  システムや通信回線等の障害、火災、停電その他の不慮の事故、又は天災地変等の不可抗力によりCrystaシステムの提供ができなくなった場合

    (3)  運営上又は技術上、当社がCrystaシステムの停止が必要と判断した場合

    (4)  法律、法令等に基づく措置によりCrystaシステムが提供できない場合

    (5)  その他、当社が止むを得ないと判断した場合

  2. 前項の規定に関わらず、当社は、アカウント所持者に事前に通知した上で、Crystaシステムの全部又は一部の提供を中止することができるものとします。
  3. 当社は、本条に基づくCrystaシステムの全部又は一部の提供の停止又は中止に起因してアカウント所持者に損害が発生したとしても、法令に別段の定めがある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

第13条 免責事項

  1. 当社は、アカウント所持者に対して、アカウント所持者がCrystaシステムの全部又は一部を利用したことに関連して、以下のいずれも保証せず、かつ、以下のいずれかの事由の発生により当該アカウント所持者又は当該アカウント所持者以外の第三者に発生した紛争及び損害について、一切の責任を負わないものとします。

    (1)  Crystaシステムがウイルスその他の有害な要素を含まないこと

    (2)  Crystaシステム、専用サイト、有償サイト等が第三者による不正攻撃を受けないこと

    (3)  Crystaシステムの提供が中断しないこと

    (4)  Crystaシステム、専用サイト、有償サイト等の提供が将来にわたって継続すること

    (5)  Crystaシステムの利用不能・接続不能が生じないこと。

    (6)  Crystaシステムにおけるアカウント所持者のデータが消去・変更されないこと

    (7)  Crystaシステム提供のためのインフラ、システム、ソフトウェア若しくはハードウェア等に、故障、不具合、誤作動又は通信回線の障害を含む瑕疵がないこと

  2. 当社は、前項各号に定める他、Crystaシステムの提供の遅延、中断、停止等によって発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社の個人情報に関する義務は、当社が本規約に従って、アカウント所持者の個人情報を善管注意義務をもって取り扱うことに限られます。
  4. 本条及び本規約の他の定めにもかかわらず、何らかの事由により、当社がアカウント所持者に対して過失によって責任を負うとされる場合にあっても、当社はアカウント所持者に対し、 ①100円、②損害の生じた有償サービスにおいてアカウント所持者が当該損害の生じた日の属する月に消費したCrysta数相当額又は③損害の生じた有償サービスにおいてアカウント所持者が当該損害の生じた日の属する月に購入したCrysta数相当額のいずれか高い額を超えては責任を負いません。但し、当社の故意又は重過失による場合はこの限りではありません。

第14条 準拠法、合意管轄

    本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

本規約は2009年4月7日より実施するものとします。

本規約は2009年12月14日に改定されました。


附則

●本コンテンツ等の扱いについて

別途「資金決済法に基づく表示」と題するページに前払式支払手段として表示するコンテンツ(Crysta)は、「資金決済に関する法律」に基づき前払式支払手段として取扱われます。
当該前払式支払手段から購入されたその他のコンテンツ(本コンテンツ等)は、取得をもってこれにかかる商品・サービスの提供がなされたものとし、前払式支払手段には該当しません。

2018年3月27日