よくあるご質問/お問い合わせ

ファイナルファンタジーXIVで禁止されている行為について教えてください。

ファイナルファンタジーXIV禁止事項

ファイナルファンタジーXIVでの禁止行為
ファイナルファンタジーXIVにおいて他のプレイヤーのゲームプレイやサービスの運営に悪影響を与える妨害行為は禁止されています。これらの行為はファイナルファンタジーXIV利用規約やスクウェア・エニックスアカウント規約にも違反します。弊社の調査によって禁止行為が確認された場合は、スクウェア・エニックス アカウントに契約されているファイナルファンタジーXIVのサービスアカウント全てに対しペナルティーが科せられます。アカウントに科せられるペナルティの種類は「アカウントペナルティポリシー」をご覧下さい。

以下に解説する内容はファイナルファンタジー XIV内で禁じられている行為を理解していただくためのものです。なお、本リストはガイドラインであり、全ての禁止行為を網羅したものではありませんのでご了承ください。
ハラスメント行為
ハラスメントとは
ファイナルファンタジー XIV内での不適切な発言は、たとえ他のプレイヤーに対して発せられたものでなくても禁止されています。またキャラクター名やリテイナーの愛称にハラスメントに該当する言葉を用いることも禁止されています。キャラクター名に関しては、姓名にまたがってハラスメントに該当するフレーズが形成される場合も禁止行為とみなされます。ハラスメント行為が確認された場合は、適切な対処が行われます。集団行為の場合は関与した全員が対処の対象となります。

ファイナルファンタジーXIVでハラスメントと判断するガイドラインは以下の通りです。
•一般的に不適切と見なされている行為
•過度に第三者を傷つけたり精神的苦痛を与える行為
•人種差別、宗教差別、性的指向や性別差別によって過度に他プレイヤーの人格を踏みにじる行為

上記に分類されない場合でも状況に応じて審査し、適切な対処を行います。
GMが調査した結果および、対処の有無、対処の内容については、プレイヤーのプライバシーを保護するために、報告者にお知らせすることはできません。


迷惑行為
迷惑行為とは
ハラスメント行為とは異なる手段で、他のプレイヤーのゲームの楽しみを踏みにじる行為、被害者がゲームのシステムを利用できないようにする行為は、迷惑行為として禁止しています。代表的な迷惑行為には、スパム行為、通行の妨害、詐欺等が挙げられます。ファイナルファンタジーXIVではプレイヤーのプレイスタイルを最大限に尊重していますが、度を越えて他人に迷惑を及ぼす行為に対しては、プレイスタイルの枠を逸脱するものとしてペナルティが科されます。

スパム行為
他のプレイヤーの会話を妨害することを目的としたログウィンドウの占有行為や、妨害を目的としていなくともログが周囲のプレイヤーに表示され続け他のプレイヤーの妨害となる行為を指します。

通行の妨害
多くのプレイヤーが通行する通路や施設を集団で封鎖する行為を指します。
詐欺
ゲーム内での詐欺行為とはゲーム内で交わされた約束のアイテムやギルを騙し取る行為を指します。

ゲームバランスを崩壊させる行為
ゲームバランスを崩壊させる行為とは
不正プログラムや外部ツールの使用は、ゲームバランスを崩壊させる行為として禁止しています。またプレイヤーが不在でも何らかの道具を用いたり、不正プログラムや外部ツール等を使用することにより、自動的に特定の行動を繰り返させ続ける行為は「不在プレイ」として禁止されています。不在プレイなどの調査のためにGMがプレイヤーに話しかけ確認することがあります。GMからの指示に従わずに行動を取り続けた場合は違反行為と見做され、ペナルティの対象となります。その他にも以下の行為を禁止しています。
•ゲームデータの改変、結合、リバースエンジニアリング、解析等の行為
•ユーティリティの作成、頒布等の行為
•当社が設計したとおりに動かないプログラムを故意に利用し、自己の利益を得る行為または他者に不利益を与える行為

実世界の金品によるゲームデータの売買
リアルマネートレード(RMT)とは
RMTとはアカウントやゲームのデータを現実世界の金品で売買することです。RMTの対象には以下のものが含まれます。
•アカウント
•キャラクター
•ゲーム内通貨(ギル)
•ゲーム内のサービス
•ゲーム内のアイテム

不正プログラムやRMTを利用して得たアイテムやギルはゲーム内の経済に大きく影響し、ゲームバランスを崩壊させます。また、不正プログラムにはウィルスやスパイウェアを含むものもあり、プレイヤーに被害を及ぼす場合があります。不正プログラムを使用することで、パソコンに入力されたデータを外部に流出させたり、不正アクセスの原因となる場合があるため、非常に危険です。


アカウントの共有または貸与
不特定多数のユーザーでアカウントを共有する行為、他のユーザーにアカウントを貸与する行為はファイナルファンタジーXIV利用規約により禁止されています。アカウントの貸与および共有はトラブルの原因となります。また登録情報の書き換え等が行われた場合、本人確認が行えなくなるなど様々な弊害をもたらします。


成りすまし行為
成りすまし行為とは
成りすまし行為とはスクウェア・エニックスのスタッフと同一の名称、酷似している名称を使っていたり、当社スタッフと思わせるような行動、言動、もしくはそう誤解させる言動を指します。

不正アクセスされたと思われるアカウントは名義人が確認できるまでアクセスを制限することもあります。



質問番号: 68216
質問カテゴリ: [ゲーム内の質問/トラブル] / 質問サブカテゴリ: [その他] [他プレイヤーとのトラブル] [アイテム紛失]


トップページへ戻る